スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


男児暴行死、傷害致死罪に変更=両親殴打が原因と判断−東京地検(時事通信)

 東京都江戸川区で小学1年の長男=当時(7)=が暴行を受け死亡した事件で、東京地検は25日、傷害罪で起訴した父親の電気工岡本健二(31)、母親の千草(22)両被告の罪名を傷害致死罪に訴因変更した。
 男児は、両被告に頭を殴られ転倒した際に、吐いたものが肺に入って起こる誤嚥(ごえん)性肺炎により死亡。地検は当初、暴行と死亡との直接的な因果関係は認められないとして、2月に傷害罪で起訴したが、その後医師らに意見を聞いた結果、致死罪を適用できると判断した。 

<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分−厚労省(時事通信)
【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会(医療介護CBニュース)
<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)